2006年12月11日(月) 高維京(こゆぎょん)さん・鄭柚鎮(ちょんゆじん)さんを囲む会 in おおさか

スケジュール一覧に戻る

高維京(こゆぎょん)さん・鄭柚鎮(ちょんゆじん)さんを囲む会 in おおさか

日時: 2006年12月11日(月)6:30pm-9:30pm(6:15pm開場)
会場: とよなか男女共同参画推進センターすてっぷ視聴覚室 (阪急豊中駅前 エトレ豊中5階)
資料代: 800円
共催: FAV連連影展、「女性・戦争・人権」学会、日本女性学研究会
協力: NPO法人女たちの戦争と平和人権基金
賛同団体: ふぇみん大阪 (賛同団体募集中!賛同金3,000円です)
振込先: 郵便口座番号: 00100-3-316369  口座名: 連連影展
※賛同金のお振り込みもこちらにお願いいたします。
問合先: 080-5470-8175(清末) FAX:03-3401-8944

スピーカー

高維京(こゆぎょん)さん
駐韓米軍犯罪根絶運動本部事務局長。米軍による犯罪被害者の人権擁護、特に 米軍から性暴力を受けた女性の立場にたった活動を続けている。「駐留米軍地位 協定」の改正や、平澤(ピョンテク)の米軍基地拡張に反対する活動に取り組む。

2006年の第2回女性人権活動奨励賞(やより賞)に選ばれ、今回贈呈式に出席 のため来日。(やより賞HPより抜粋)
鄭柚鎮(ちょんゆじん)さん
1993年駐韓米軍犯罪根絶運動本部創設後、事務局長、トゥレバンの活動を通し 韓国でジェンダー視点で米軍犯罪根絶運動を展開し続けた。沖縄、アメリカ、日 本など韓国以外でも平和活動を経験し、現在、大阪大学文学研究科修士課程に留学中である。

上映作品

わたしとフクロウ
監督: パク・キョンテ
制作: トゥレバン
制作国・年 韓国・2004年
時間 90分
紹介: ソウルの北、議政府(ウィジョンプ)のアメリカ軍基地村で暮らす「セックス ワーカー」の女性たちの日々の暮らしや葛藤を描くドキュメンタリー。  

このドキュメンタリーは「フクロウ」たちの日常の生活を暖かく見つめながら 、 基地村の苦悩と現実も描き出している トゥレバン:韓国の米軍基地周辺で働く女性たちをサポートするグループ。




サイト名: FAV(Feminist Active documentary Video festa) 連連影展   http://www.renren-fav.org/main
この記事のURL:   http://www.renren-fav.org/main/modules/tinyd1/index.php?id=10