スケジュール一覧に戻る

連連影展FAV Feminist Active documentary Video festa

日時: 2014年10月5日(日)13:00〜18:30
会場: シェア奥沢
東京都世田谷区奥沢 2-32-11
(会場は靴を脱いで入る場所です)
入場料: 1プログラム600円/3プログラム通し券1,500円 介助者無料/小学生以下無料
主催: 連連影展FAV
協力: シェア奥沢、ここね
お問合せ: 連連影展FAV fav@renren-fav.org
※情報保障完備ではありませんが、会場でのトークなどの際にサポートが必要な方は、事前にメール (renrenfav@yahoo.co.jp) 等でご連絡いただくか 、当日、会場でスタッフに声をかけてください。
※会場は段差等があり、バリアフリーではありませんが、会場に車いす等でお越しの方で、サポートが必要な方は、スタッフまで声をかけてください。(会場は、靴を脱いで入る場所です。トイレは洋式トイレです)

プログラムA 『米軍基地の町に生きる』+ディスカッション 
13:00〜14:30

『米軍基地の町に生きる』
監督: ホシノ・リナ
言語・字幕: 英語・スペイン語(日本語字幕)
制作国・年: アメリカ・2011年
時間: 65分
紹介: 米軍基地と隣り合わせに住む7人の女性たちの物語。サンアントニオ(テキサス州)、ビエケス(プエルトリコ)、ハワイ、グアム、沖縄、韓国、フィリピン。それぞれの地域で米軍基地が生み 出したのは、環境汚染、売買春、暴力、地域と文化への冒とくだった。彼女たちの闘い、喪失、勇気を通じて、この状況を変えていこうとするコミュニティーの 物語が描かれる。
英語の作品サイト http://www.alongthefenceline.com/

プログラムB 『メトロレディーブルース』ほか 出演者によるトーク(予定)
15:00〜16:30

『メトロレディーブルース』
制作: ビデオプレス
言語・字幕: 日本語
制作国・年: 日本・2013年
時間: 26分
紹介: 東京メトロ売店で働く非正規女性たちが、組合をつくった。何年働いても時給は上がらない。同じ仕事をしている正社員との格差は広がるばかり。そのくせ「65歳定年制」だけは社員と同じだから65歳で雇い止め、といわれる。退職金は一円も出ない。これでは路頭に迷う。2013年3月組合はついにストライキに立ち上がった。彼女たちの生活・思い・怒りが伝わってくるドキュメンタリー。

プログラムC 『Deaf Jam』+日本手話のミニワークショップ
17:00〜18:30

『Deaf Jam』
監督: ジュディ・リーフ
言語・字幕: 英語(日本語字幕)
制作国・年: アメリカ・2011年
時間: 70分
紹介: アニータはニューヨーク・クイーンズ地区のろう学校に通う女子高生。アメリカ手話(ASL)ポエトリー(詩)と出会い、表現力にあふれたダイナミックな世界に魅了され、聴者の詩のイベントにろう学生として初めて参加。聴者の詩人タハニとともに、手、音、体全体で「ことば」を紡ぎ出し、自分たちの新しい「声」を作り出す。
Deaf Jam is a sponsored project of City Lore, the New York Foundation of the Arts, Bowery Arts + Science, and Urban Word NYC.
www.deafjam.org
上映後は手話ワークショップ。コミュニケーションの基本は伝えたい思いと知りたい気持ちの交差点に身を置くこと。ぜひご参加ください!
ワークショップゲスト:廣川麻子さん(ヒロカワ企画)
1972年東京生まれ。学生時代の1994年に日本ろう者劇団入団。俳優、制作、ワークショップ、企画運営など、演劇を中心とした活動を展開中。演劇企画団体「ヒロカワ企画」主宰、観劇支援団体「NPO法人シアター・アクセシビリティ・ネットワーク」理事長。
プリンタ出力用画面
友達に伝える
FAVについて

上映スケジュール

上映しませんか?

検索

ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録