スケジュール一覧に戻る

ブサイナ・ホーリー監督来日トーク巡回上映 パレスチナからの目線
2007.6.25ー7.8

日本縦断ブサイナ・ホーリー監督の上映&トークツアー!
パレスチナの女性たちの闘いを描いたドキュメンタリー『Women in Struggle -目線-』は2006 年 10 月の連連影展(FAV)という映画祭で日本初上映しました。その後、監督とのやりとりを続け、日本各地での上映ツアーが実現することになりました! 札幌、仙台、東京、沖縄、広島、大阪、京都で様々な団体や個人の想いが集結し、全国各地で個性的な上映会を企画。

作品『Women in Struggle ー目線ー』について

イスラエルの刑務所に拘留されていた元政治犯のパレスチナ女性たちが様々なStruggle (闘い)を呼び覚ます時。姉妹、母親、妻としての日常的な役割から離れてパレスチナの独立を目指して闘いに身を浸した4人の女性たちは、刑務所を出てからも、自らの内に「牢」を抱えながら、より大きな「牢」で日常を送っている。拘留時の耐え難い経験や現在のパレスチナでの日常生活の困難を自らの言葉で語る。

ブサイナ・ホーリー監督(Buthina Khoury)

インディペンデント映画監督。ボストンで映画制作の学士号、写真の修士号を取得。欧州のテレビ用にパレスチナ人女性として初めて中東をテーマにした作品製作に撮影などで多数携わる。2000 年に Majd 制作会社を起こし、パレスチナをテーマにドキュメンタリーを作り続ける。本作は、自らが製作・監督・撮影を行った初の長編ドキュメンタリー映画。

ツアー主催:目線上映の会 北海道大学・水溜真由美研究室、ほっかいどうピースネット、パレスチナ・オリーブ、パレスチナと仙台を結ぶ会、一橋大学フェアレイバー研究教育センター、連連影展(FAV)、港区立男女平等参画センター リーブラ、広島・中東ネットワーク、パレスチナの平和を考える会、京都大学人間・環境学研究科岡真理研究室
協力:Save The Olives タイベビール、O2

※ 7月4日沖縄にて上映決定! 詳細お問い合わせは連連影展まで

北海道

日時: 6 月 25 日(月)18:30〜(18:10 開場)
会場: 北海道大学 文系共同講義棟6番教室
札幌市北区北 10 条西 7 丁目
地下鉄南北線「北 12 条駅」徒歩 5 分
参加費: 無料
主催: 水溜真由美研究室
連絡先: 011-706-4071(水溜)
日時: 6 月 26 日(火)18:30〜(18:00 開場)
会場: 北海道クリスチャンセンター・ホール
札幌市北区北 7 条西 6 丁目
JR「札幌駅」・地下鉄南北線「さっぽろ駅」徒歩 5 分
参加費: 1000 円
主催: ほっかいどうピースネット
協賛: 北海道クリスチャンセンター、札幌 YWCA、これからや、みんたる(5 月 7 日現在)
連絡先: 011-261-6883(越田)

仙台

日時: 6月 27 日(水)18:30〜(18:10 開場)
会場: 仙台市戦災復興記念館 研修室
   地下鉄「広瀬通駅」徒歩 10 分、
   仙台市営バス「東北公済病院・戦災復興記念館前」徒歩2分
参加費: 800 円
主催: パレスチナと仙台を結ぶ会
後援: 特定非営利活動法人イコールネット仙台
連絡先: 022-251-3106(石川行政書士事務所)

東京

日時: 6 月 30 日(土) 14:00〜 (13:30 開場)
「ドキュメンタリーの力」

14:00 『レイバー Women』(30 分 ) 他
16:30 『Women in Struggle―目線―』上映+監督トーク
会場: 一橋大学・佐野書院 東京都国立市中 2-17-35
JR「国立駅」南口徒歩 10 分、大学通りを南に直進、
キャンパスの端を右折
参加費: 無料
主催: 一橋大学フェアレイバー研究教育センター、連連影展
連絡先: 042-580-9139(レイバーセンター)
070-5550-2338 (若井)
日時: 7 月 1 日(日)13:00 〜(12:30 開場)

13:00〜13:10 パレスチナからの目線開催にあたって
13:10〜14:10 『Women in Struggle ―目線―』上映
14:10〜14:20 10 分休憩
14:20〜15:30 監督トーク&ディスカッション
会場: 港区立男女平等参画センター リーブラ4F 集会室
JR「田町駅」東口 徒歩 2 分
地下鉄浅草線・三田線「三田駅」徒歩 4 分
*保育あり:6/22(金)までにリーブラまで
参加費: 1000 円
主催: リーブラ、連連影展(FAV)
共催: NPO 前夜、女たちの戦争と平和資料館(wam)、日本国際ボランティアセンター (JVC)、PARC(アジア太平洋資料センター)、反差別国際運動日本委員会(IMADR-JC)、ピープルズプラン研究所、ふぇみん婦人民主クラブ、Video Juku、ミーダーン〈パレスチナ・対話のための広場〉(5/7 現在)
連絡先: Tel 03- 3456-4149 Fax 03-3456-1254 (リーブラ)

広島

日時: 7 月 6 日(金)19:00〜(18:30 開場)
会場: 広島市まちづくり市民交流プラザ 
北棟 6 階マルチメディアスタジオ
広島市中区袋町 6 番 36 号
袋町小学校横 、市内電車「袋町電停」徒歩約 3 分
上映カンパ: 一般 1000 円 学生 500 円
主催: 広島・中東ネットワーク
共催: 岡本非暴力平和研究所、オリーブ・プロジェクト
広島実行委員会、ヒロシマ平和映画祭、アムネスティひろしま
連絡先: 090-3177-7336(野間)

大阪

日時: 7 月 7 日(土) 14:00〜16:30(13:30 開場)
*上映前に背景を解説する時間を 10 分ほど予定。
会場: 大阪市立 難波市民学習センター講堂
(JR 難波駅上 OCAT ビル 4 階)
地下鉄「なんば 駅」22・23 番出口方面、
四つ橋線・千日前線「なんは 駅」30 番出口方面、
近鉄「なんば 駅」西側改札
資料代: 一般 /1200 円
パレスチナの平和を考える会賛助会員・学生・ 低所得者 /900 円
主催: パレスチナの平和を考える会
協賛: 「女性・戦争・人権」学会
連絡先: palestine.forum@gmail.com 090-9273-4316

京都

日時: 7月8日(日)13:00〜17:30 (12:20 開場 )
「占領から 40 年、いま占領とジェンダーについて考える」
会場: 京都大学 文学部新館 第3講義室
京阪「出町柳」駅下車 東へ徒歩約 10 分、
市バス「百万遍」「京大正門前」下車 徒歩約 5 分
資料代: 700 円
プログラム: 上映会+講演会 Women in Struggle(パレスチナ・女たちの闘い)
 ・占領 40 年目のパレスチナ…矢野可奈子(京都大学研究生)
 ・映画解説…岡真理 ( 京都大学教員、現代アラブ文学 ) 
 ・映画『Women in Struggle―目線―』上映 
 ・ブサイナ・ホーリー監督講演
 ・ラウンド・トーク 「占領下の女性と暴力」
  ブサイナ監督 × 岡真理さんほか
主催: 京都大学 人間・環境学研究科 岡真理研究室、連連影展(FAV)
共催: ブサイナ監督を京都に呼ぶ会、パレスチナ映画を観る会
協賛: 京都 YWCA・ブクラ、ピースムービーメント実行委員会
◆上映ツアーをご支援ください◆

カンパ振込先
郵便口座番号 :00100-3-316369 口座名 : 連連影展
『目線上映の会』宛と明記してください

DVD 販売のご案内

『Women in Struggle ー目線ー』
ブサイナ・ホーリー/パレスチナ/2004/56分/日本語字幕
価格:5,000 円(個人購入)
上映権付 20,000 円(ライブラリー価格)
日本語版 DVD 製作・販売:連連影展(FAV)

fax または mail でお申し込みください。
お支払いは DVD 郵送時に郵便振替用紙を同封いたします。
別途送料 500 円程度かかります。
お申し込み先 fax 03-3401-8944 mail: fav@renren-fav.org

プリンタ出力用画面
友達に伝える
FAVについて

上映スケジュール

上映しませんか?

検索

ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録